1. 電話
  2. お問い合わせ
  3. ENGLISH
TOP お問合せ サイトマップ プライバシーポリシー

ニュース一覧

会社概要

業務内容

CSR事業

採用情報

CSR事業– CSR Activity –

グローバルに事業を行っているインテムコンサルティングは、事業で培った技術力や国際社会での経験を生かし、国際社会に貢献することが使命と考え、さまざまなCSR活動を行っております。
また、国内での研究成果の発表、講演・講義、研修などを通じ、国際協力に対する普及啓発も積極的に行っております。

People, Wetlands, Wildlife(人と湿地と生き物たち)

「People, Wetlands, Wildlife(人と湿地と生きものたち)」 https://pwwj.org/は、日本の豊かな自然と生物多様性、野生動物の魅力を紹介する英語版のウェブサイトで、弊社(インテムコンサルティング㈱)が環境省の補助金をいただきながら制作したものです。
このHPでは北海道から九州まで、日本の主なラムサール条約登録湿地を訪れ、すばらしい自然、人々と生きものの共生を、動画と写真、そしてエッセイで紹介しています。世界のどこかでこのウェブサイトをご覧になった方が、インバウンド(訪日外国人・訪日旅行者)として 日本の自然を訪ねてくれることを願っています。また、コロナ禍の渡航制限等で来日が難しい方々にも楽しんでもらえればうれしいです。
本事業には、環境省、ラムサール条約登録湿地関係市町村会議、日本国際湿地保全連合(WIJ)、ラムサールセンター(RCJ)など関係機関に多大なるご協力をいただいております。また、制作にあたっては、社外の製作チームのボランタリーな協力とともに、実に多くの有識者の皆様にアドバイザー専門家として助言をいただきました。また、各地域への取材・撮影においては地元自治体や関係者にご協力を賜りました。協力いただいた皆様のお名前を列記させていただき、改めてお礼申し上げます。
本事業の活動やそこで得られた湿地を資源としたインバウンド観光についての知見については弊社の社員がシンポジウムや学会で発表をおこなっております。かかる活動を通じて、弊社のシニアコンサルタントJames McGillが第9回アジア湿地シンポジウムにおける優秀発表賞を、また本事業のコーディネーターとして参画した尾崎友紀が第13回日本湿地学会にて、学会発表賞を受賞しております。
制作チーム/アドバイザー専門家のみなさま(敬称略)
・中村玲子:ライター/エディター。ラムサールセンター前事務局長、現在はフェロー。日本の2005 年11 月、「ラムサール条約湿地保全賞」(教育部門)を日本人で初めて受賞。
・武者孝幸:エディター。ライター。日本のラムサール条約湿地(環境省)の編集業務で、日本のラムサール湿地52か所を取材。ラムサールセンター元副会長。
・田口明男:映像プロデューサー、株式会社アイシーエムケイ所属、自然と野生動物映像製作。
・安部彩野:デザイナー。安部彩野事務所主宰。「日本のラムサール条約湿地」)、「外来生物ハンドブック」、「Global Wetland Outlook(日本語版)」(以上環境省)などのエディトリアルデザイン多数。
・磯崎博司:国際環境法専門家。岩手大学名誉教授。
・名執芳博:日本国際湿地保全連合相談役。日本鳥類保護連盟専務理事。元環境省野生生物課長。
・安藤元一:元東京農業大学およびヤマザキ学園大学教授。専門領域は哺乳類。2020年没。
・藤岡比左志:エディター。日本旅行作家協力協会理事。(一財)地域活性機構理事。元ダイヤモンドビッグ社(「地球の歩き方」ほかガイドブック多数)取締役社長
・島谷幸宏:元九州大学大学院教授(河川工学)。前日本湿地学会会長。2020年から熊本県立大学特別教授。
・黒澤信道:獣医師。釧路丹頂農業協同組合アドバイザー。(公財)日本野鳥の会釧路支部長。
・河野博:東京海洋大学名誉教授(専門領域は魚類学。東京湾の魚類相の調査を長年実施)。
・高田雅之:法政大学人間環境学部教授(専門領域は自然環境政策、景観生態学、生物多様性など)。日本湿地学会理事。
・田辺篤志:ラムサールセンター副会長。熊本大学にて博士号取得。環境コンサルタント

People, Wetlands, Wildlife ホームページ:https://pwwj.org

NGO連携
– Cooperation with NGOs –

ラムサールセンター

弊社は、ラムサール条約の CEPA 活動 (*1)や発展途上国における現地環境 NGO への支援を行っている国際環境 NGO「ラムサールセンタージャパン(RCJ)」に対して、協力金の提供および活動への人材派遣を通じ、支援をしています。これまで、「バングラデシュ沿岸湿地環境保全プロジェクト」「ミャンマー国国際湿地ワークショップ」や「ミャンマー国ウトゥ村での住民参加の持続可能なマングローブ生活林づくり事業」への専門家派遣、カンボジアで開催された「アジア湿地シンポジウム」での研究発表など、CSR 事業として連携を重ねてきました。インテムコンサルティングが展開している PWW のウェブサイト制作事業には、RCJから専門家の協力を受けています。 複数名のインテム社員が同会会員として参加しており、国内での環境教育イベントや普及啓発活動イベントのボランティアとして活動しています。

*1) 交流、教育、参加、普及啓発活動(Communication, Education, Participation and Awareness)
≪参考≫
ラムサールセンター(RCJ)ホームページ:http://rcj.o.oo7.jp/

宗像財団

宗像財団は、弊社社員の田中真奈(シニアコンサルタント)が代表理事を務める非営利の一般財団法人です。同財団は、田中の叔父にあたるジョー新宅(故人)と叔母である宗像康子から贈与を受けて設立されたもので、田中が途上国支援の現場で働いてきた経験を元に、主要メディアで報道されることが少ないマイノリティや貧困層への支援活動をおこなっております。具体的には、LGBTを主対象とするダイバーシティ支援、女子教育支援、貧困削減支援などであり、現在6ヵ国(マダガスカル、モザンビーク、マラウイ、インド、パキスタン、バングラデシュ)で現地NGOや個人が実施する12事業を支援しています。

インテムコンサルティングは、宗像財団の現地での幅広いネットワークと連携しながら、開発コンサルタントとしての効果的な業務をおこなうとともに、同財団と国内外で協力して、様々な普及啓発活動を進めてまいります。

≪参考≫
宗像財団ホームページ: https://mnkt.ch/

書籍・論文
– Books/Reports –

インテムコンサルティング社員が発表した書籍・論文の一覧です。
2022+
2021+
2020 +
2019 +
2018 +
2017以前+


講義・講演
– Speeches/Lectures –

インテムコンサルティング社員は時間の許す範囲で、国際協力事業や専門分野の講義・講演を積極的におこなっております。
以下は、教育機関様等のご要請に応えて無料あるいは若干の謝金により実施したCSR活動です。
通常業務として実施させていただいている研修につきましては、本ホームページの業務内容をご参照ください。
2022 +
2021 +
2020 +
2019 +
2018 +
2017以前+

グローバル教育・人材育成
– Global Education/Human Resource Cultivation –

インテムコンサルティングでは、諸外国との相互理解の推進とその先にある国際協力の仕事を、若者世代に伝え、広く世界に目を向けて頂くため、弊社の国際協力事業の紹介を通じ、国際理解教育の機会を提供しています。
これまで、修学旅行のプログラムで弊社に訪問頂いた中学・高校生の参加者や、大学での講義において、開発援助の現場での業務、赴任先での活動、異文化等を紹介する活動を行っております。

修学旅行プログラム受け入れ実績

日時 プログラム 学校名
2019.12.4(水) 「国際理解の大切さを知る」 新潟市立木戸中学校
2019.10.8(火) 「コンサルタントってどんな仕事?-SDGsの実現に向けて、
社会の開発課題に取り組むプロフェショナル!」
新潟県立新潟中央高等学校
2014.8.26(火) 「国際協力とコンサルタント」 新潟県立津南高等学校

さらに、日本の大学院等で学ぶ途上国からの留学生にインターンの機会を提供し、途上国の産業開発に資する人材育成を支援しています。これまでに「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ (ABE イニシアティブ)」プログラムにて来日したベナンやウガンダ共和国からの留学生に対し、研修後のインターンとしての受入れ企業を紹介したり、研修先の高校等と連携した職業訓練・就職支援分野にかかる実践的な指導をおこなったりしております。
LATEST NEWS
ニュース一覧